30代の女性の便秘に青汁がいい理由

女性は体質的にもともと便秘になりやすい

女性は男性に比べて便秘になりやすいと言われています。

ある大手製薬メーカーのアンケートによるとアンケートに答えた女性の実に約半数の方が便秘に悩んだことがあるそうです。

これは妊娠初期や排卵後に黄体ホルモンという物質が盛んに分泌されるためで、もともと体を守るために便秘になりやすい体質となっています。

また、男性に比べて腹筋が弱く、大腸が便を送り出す力が弱いためだとされています。

30代の女性は特に注意しましょう

30代の女性は多忙です。

職場で責任ある仕事を任され、バリバリ仕事をこなしている方や妊娠・出産・育児に家事と、家庭でいくつもの役割をこなしている方。

とにかく忙しく毎日を過ごされていると思います。

いろいろなことに時間を費やしていると、自分の体のことはどうしても後回しにしがちになることもあるでしょう。

「たかが便秘」と侮っていると、肌が荒れたり、肩こりや冷え性、視力低下などを引き起こします。

ひどくなると腹膜炎や痔、腸閉塞などの大腸の大きな病気をひきおこす原因ともなります。

仕事や育児などで忙しくて時間のとれない30代の女性には、簡単にできる便秘解消法が必要です。

30代の女性の便秘になぜ青汁がいいのか?

便秘の解消には大きく分けて3つのポイントがあります。

@規則的な食生活を心がける

A水分補給をこまめにする

B食物繊維を効果的にとる

これらのポイントを簡単にクリアできるのが青汁です。

青汁は以前から便秘に効果があるといわれていますが、それは食物繊維がたっぷり含まれているからです。

毎朝、一杯の青汁を飲むことにより水分補給と食物繊維を同時にとることができるので便秘の解消の効果が期待できます。

1杯の青汁には食物繊維のほかにビタミン、ミネラル、カルシウムなどの現代人が絶対に不足しがちな栄養素が含まれています。

こうした栄養分は忙しいとなかなか摂ることができませんが、1杯の青汁で便秘の解消と必要な栄養分の補給が簡単に摂ることができるのです。

今、なぜ青汁が飲まれているのか?

今、芸能界のタレントさんの間ではちょっとした青汁ブームがおきています。

女優の菊川 怜さんや杉本彩さん、森 泉さんなど多くの方が飲んでいます。他には中井美穂さん、男性では嶋大輔さんなども愛飲しているそうです。

女性は30代を過ぎるころには誰しもエイジングケアを考えるようになります。

青汁は便秘解消、不足しがちな栄養分の補給だけでなく、低・高血圧の解消、生理不順、貧血、手足の冷えなどにも効果が期待できます。

現在、さまざまなメーカーからいろいろな種類の青汁が販売されています。

便秘に悩む女性に人気のある青汁をランキング形式で下記のリンクからみることができます。

便秘解消と一緒に疲れやすい、生理不順、風邪をひきやすい、貧血なども考えるのなら少し青汁を試してみてはいかがですか?

さらに、こんな青汁もあります。

何度もいいますが、青汁は便秘解消・栄養の補給にとどまりません

例えば、多くの女性の悩みの1つである手足のむくみやセルライトといった症状に効果が期待できる青汁もあります。

話題の明日葉(あしたば)をつかった青汁です。明日葉にはさまざまな効能が期待されています。

また、女性の肌荒れに効果が期待できる青汁もあります。

ケールや大麦若葉、緑茶といった青汁の成分に、肌荒れ解消によいといわれるコラーゲンとヒアルロン酸を加えたものです。

期待できる効果により選ぶ青汁も変わってきますので、目指す効果を決めることも大切です。

あなたのつらい便秘の解消になれば幸いです。

30代の女性の便秘に青汁がいい理由メニュー

30代の女性の便秘に青汁がいい理由リンク