便秘薬の副作用について知っておきたいこと

便秘になったら安易に便秘薬に頼っていませんか?

何日も便が出ず、お腹もパンパン、本当に便秘はつらいものですね。

こんなとき、便秘薬を飲んで一刻も早く便秘を解消したいと思うのは当然のことです。

しかし、安易に便秘薬を飲み続けるのはリスクがあります。

便秘薬も薬である以上、必ず副作用もあります。

できるだけ薬は使わないのがベターですが、副作用についての知識は憶えておいた方がいいです。

一番怖いのは「習慣性」

便秘薬のリスクとして最も避けたいのが「習慣性」です。

何年もの間、便秘薬を飲み続けると便秘薬なしでは排便ができなくなることがあります。自然なお通じができないんですね。

便秘薬の多くは大腸を刺激して排便を促す役割をしますが、長期間服用することにより体がその刺激に慣れてしまうからです。

このため、規定量の薬では効果がだんだんと薄くなり薬の量を増やして服用することになります。

できれば、常に便秘薬に頼るのではなく食物繊維を多く含んだ食品や青汁などの健康食品などを併用して解消されるのがいいでしょう。

さらに怖いのが「腸閉塞」

つらい便秘を解消するために便秘薬を飲むのは当然ですが、飲んではいけない場合もあります。

お腹が張ってけっこうたまっている感じでも全く便意を感じない。腹痛も時々あり、食欲減退気味。

こんなとき、腸には固くなった便が大量に充満し、腸閉塞状態になっている可能性があります。

腸閉塞になっているときに便秘薬をのむと腸の収縮はますます強まります。

もし腸が何かの拍子に破れでもしたら腹膜炎を起こして死亡することもあります。

安易に便秘薬は使わず、消化器内科を受診して詳しい検査を受けるようにしなければいけません。

他にはこんな症状があります。

習慣性という一大リスクはもちろんですが、他にも便秘薬の副作用はあります。

多くは、下痢や吐き気など症状が現れます。

一般に市販されている便秘薬は病院で処方される薬より当然軽いものが多いのですが、やはり個人差があります。

便秘薬の多くは直接大腸を刺激しますので、お腹が痛くなることがあります。

こればっかりは飲んでみないと合うか、合わないかがわかりませんが軽い処方の便秘薬から試してみることをオススメします。

また、妊娠中の女性については必ず産科医の判断を聞いて一任されるのがベターです。

便秘薬だけに頼らない対応をしましょう

もちろん一刻も早く解消したい便秘には便秘薬は欠かせない存在です。

しかし、習慣性などのリスクを考えると安易に使わずに他の方法も併用していかないといけません。

例えば、青汁は食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消には効率のいい食品の1つです。

普段の生活では青汁などの食品で対応し、どうしても出ないときだけ便秘薬で対処するというのもひとつのやり方です。

青汁は食物繊維だけでなく、野菜不足を補い豊富なビタミンやミネラルも摂取できます。

便秘になるとでやすい「肌荒れ」にも効果が期待できます。

最近では飲みやすくなり、価格も1杯あたり50円くらいからのものもあり手軽に始められる人も多いようです。

高橋ミカの美肌新習慣 "女性専用"青汁  

美力青汁

30代の女性の便秘に青汁がいい理由メニュー